自分自身には名前があります。

最近の葬式は家族葬が増えて来ています

最近の葬式は家族葬が増えて来ています

お葬式における戒名のことを知る

自分自身には名前があります。苗字はもともと決まっていることが多いですから下の名前の部分を親が決めてくれ出生の時に役所に届けます。届ですから特にお金がかかることはありません。その他名前を変更することもあります。女性なら結婚をするときに苗字が変わることがあるでしょう。この時も特に何かが必要なわけではなく、一定の手続きをすれば済むだけです。

お葬式でよく聞くこととして戒名があります。長い名前が付けられることがあり、有名人などであればどういった戒名が付けられたかなどが報道されることがあります。死者につけるものとの認識がありますが実際は少し異なります。これは仏教の習慣の一つになります。僧侶が仏弟子に対してつけるのが戒名とされています。ではなぜ亡くなった時につけるかです。

今はあまり宗教的な活動や信仰をする人が少なくなっています。そのために生きている間に仏門に入るようなことが減っています。でも亡くなった時に仏門に入り、その証として戒名が付けられるのが習慣化したとされます。昔からあるようですが、習慣としては比較的最近に始まりました。戒名料は特に決まっていなくて任意とされています。事前に相談などをしておく必要があるでしょう。

Copyright (C)2017最近の葬式は家族葬が増えて来ています.All rights reserved.