人が亡くなった時にはどのようにするかですが、現在は火葬して納骨することになっています。

最近の葬式は家族葬が増えて来ています

最近の葬式は家族葬が増えて来ています

お葬式の時に分骨の手続きを行う場合

人が亡くなった時にはどのようにするかですが、現在は火葬して納骨することになっています。かつては土葬が行われていて、世界の中では現在も行われているところがあります。昔はそれぞれの人に対して必ずしも一定の儀式が行えたわけではありませんでした。特に措置もされずに放置されたこともあったようです。今は適切に処置をしなければいけなくなっています。

お葬式を行う時、分骨をしたいと考えるなら事前に手続きをしておいた方が良い場合があります。分骨に関してはいろいろと意見が分かれています。あまりしない方がいいといわれることがあります。魂が分かれてしまうと伝えられているからです。これは迷信で、分骨自体は古くからおこなわれていることです。自分の身近に納骨し、さらに有名なお寺にも分骨するなどのことがありました。

納骨をするときには火葬証明書と呼ばれるものが発行されます。それを基に納骨を行うことになります。本骨の場合はそれなりに準備がされていますが、分骨の場合のことは考慮されていません。まず分骨のための容器を用意しておきます。そして火葬証明書を別途発行してもらうようにします。分骨して納骨するときにはその火葬証明書を提出しないといけない場合があります。

Copyright (C)2017最近の葬式は家族葬が増えて来ています.All rights reserved.