人がなくなるとお葬式を行います。

最近の葬式は家族葬が増えて来ています

最近の葬式は家族葬が増えて来ています

お葬式の後どの墓に入るかの問題

人がなくなるとお葬式を行います。それですべてが終わったかと言えばそうではありません。そのあとに火葬をして納骨を行います。火葬までを一つの場所で行ってくれることもありますから、そのあとは骨を骨壺などに入れてお墓まで持っていくことになります。すでに入るお墓があるならそちらに行きますし、お寺などに納骨することができる場合があります。

よくお墓には何々家の墓と記載されています。その通りに家ごとにお墓がありそこに納骨されるようになります。お墓は先祖代々受け継がれることがあり、それぞれの代で管理をする人が決められています。そのお墓にどういった人が入れるかはその管理者の意見が非常に重要になるとされていますから注意しないといけないかもしれません。

家族を持っている人ならその家族のお墓に入れますが、結婚をせずに一人で生活してきた人などだと家族がない場合があります。この時に親の墓に入れるかどうかです。親の墓を管理している人が兄弟にいてその人が拒否をすれば入ることができません。事前にじっくり話し合いなどをしておく必要がありそうです。お墓のお金を出したから入ることができるわけではなく、あくまでも管理者の決定に従います。

Copyright (C)2017最近の葬式は家族葬が増えて来ています.All rights reserved.